弥勒菩薩像

Yogaという言葉の語源は、サンスクリット語の「ユジュ」からきています。日本語に訳すと、「混ぜる・融和・集める」など 多くの意味があります。(意味としては、まだまだあるみたいです) その、訳の中から「結ぶ」という意味を選び、より日本っぽくしようと思い「結び屋」となりました。

処、という言葉は「場所」「〇〇するところ」があります。スタジオという呼称にすると、「ポーズ」が主になりそれ以外のYogaとしての内容が薄れてしまっている感じがありYoga Studioではなく、「よが処」となりました。

呼称については賛否あるかもしれませんが、Yogaの正しい発音は「ヨーガ」ですが、日本では「ヨガ」という呼称が定着している感じがあります。また、「アーサナ」という言葉はポーズのことを指していますが、なかなか聞きなれない方も多いと思います。結び屋では、なるべく日本語を多く取り入れ(いわゆる)専門用語をわかりやすい言葉に変えていくように努めていきます。

では、クラスでお会しましょう。

よが処 結び屋 主